OPEN 8:30~19:00(CLOSE 毎日曜日)

外壁をオシャレでカッコよくする色選びのポイント

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

お家の外壁に汚れやシミ、雨漏りやひび割れが起こっているのなら、外壁をメンテナンスするタイミングです。

 

おそらくあなたも気づいておられるので、これまでにもインターネットで「外壁塗装」「外壁リフォーム」というキーワードで検索されていることでしょう。

 

でも、これまでご覧になった内容では、あなたは納得できなかったため、今はライジングのページにたどり着かれたのだと思います。

 

ライジングは、外壁塗装や屋根塗装、防水工事や外壁リフォームを得意とする業者です。

 

そして、ライジングが他の業者さんと違うのは、住宅の印象に大きく影響する「外観」をオシャレでカッコよくする力を持っていること。

 

それでは、あなたのお家の外壁をメンテナンスしたとき、失敗しないためのポイントについてご紹介していきます。

 

1: 外壁をオシャレでカッコよくするポイント

外壁をおしゃれにカッコよくするには、ポイントがあります。

 

(1)比率で変わる

住宅の外観における色は、次のようになっています。

 

  • 屋根
  • 雨樋
  • 窓枠
  • ベランダ
  • 外壁
  • 玄関の扉

 

この中で、色の配分が多いのは外壁。その次が屋根です。3番目にベランダ、窓枠や雨樋、玄関の扉という感じです。

 

この比率を覚えおき、色を選ぶときには配分が多い部分の色から決めるようにすると、おしゃれでカッコよくなります。

 

(2)ツートンを意識する

おしゃれでカッコいい外壁に迷ってしまった場合は、シンプルな視点に戻しましょう。

 

ポイントとしては、色を2色にして考えてみることです。ツートンですね。

 

ベージュと濃い茶色などは、ベーシックな取り合わせですが、2色にすることでカッコよくなります。

 

(3)美観のセンス

この場合の「美観のセンス」とは、外壁を行う業者のセンスです。

 

あなたのセンスと業者のセンスが近くないと、なかなか思っているようなイメージが伝わりません。

 

そのため、業者へ相談するときには、これまでの施工事例を見せてもらいましょう。

最近は、工事のときビフォーアフターの写真を必ず撮影しています。業者さんによっては、個人情報の問題で見せられないものもあると思いますが、ほとんどは事例として見せてもらえます。

 

こういった事例を見ることで、あなたのセンスに近いかどうかがわかります。

 

(4)景観の調査

住宅は自分のところだけがんばってもオシャレになりませんし、カッコよく見えません。

 

まわりの景観と調和することで一体感が生まれ、オシャレでカッコよくなります。

 

例えば、京都市内にあるコンビニやマクドナルドですが、景観と調和するために、京都らしい落ち着いた色になっています。

 

これは、まわりのイメージに合わせることでオシャレさやカッコよさがひきたった事例だと言えるでしょう。

もし、他の地域で京都らしい落ち着いた色のコンビニやマクドナルドがオープンしても、地味すぎてオシャレでカッコいいと受け入れられないかもしれません。そもそも目に付かなくてお客さんが来ない可能性だってあります。

 

2: 外壁をオシャレにする色選び

外壁で悩むのが色選びです。まずはオシャレにするポイントを紹介します。

 

(1)清潔感を重視

景観と相性の良い「ホワイト」。シンプルなカラーでありながら清潔感があり、どんな場所にでも馴染みやすいです。

 

まわりのお家が、どんな色の住宅でもホワイトなら悪目立ちすることもありません。

 

ただし、ホワイトは汚れやすいというデメリットがあります。

汚れているのが他の色よりも目立ちやすいため、定期的な外壁のクリーニングが必要になってきます。

 

1階部分は、何とかご自身でクリーニングできるかもしれませんが、二階や庇の細かな部分は業者でないと掃除がしづらく、落下の危険もありますのでおすすめできません。

 

(2)温かみを重視

まわりに温かみを与えるのが「クリーム」です。

ホワイトほど明るくないですが、ほんわりとした明るさと柔らかな印象がありますのでオシャレになります。

 

クリームを検討するときには、どんな濃さやツヤのクリームにするのかを業者としっかり打ち合わせしておくことです。

クリームと一言で表現しても、色味のバリエーションが豊富なので、勘違いしていることもあります。

 

(3)親近感を重視

多くの住宅で採用されているのが「ベージュ」です。

 

ベージュは、個性は出しづらい色ですが、上品でどんな景観でもオシャレに馴染みます。

 

窓枠や雨樋にベージュと対照的な色を使うことで、オシャレな雰囲気にできます。

 

また、ベージュの良いところは汚れが目立ちにくい色だということです。これはメンテナンスの費用にも関わってきます。

 

(4)きちんと感を重視

きちんと感や落ち着いた雰囲気を重視するなら「ブラウン」です。

 

お子さんが独立され、ご夫婦だけで暮らしておられるところに、ぴったりな色だと思います。

 

年相応に落ち着いた雰囲気は、年齢を重ねた方だからこそ「オシャレ」になります。

 

3: 外壁をカッコよくする色選び

カッコよくするためには、2つの色の選び方が参考になるでしょう。

 

(1)スタイリッシュさを重視

カラー写真よりもモノクロ写真の方がスタイリッシュでカッコよく見えませんか?

 

不思議なことに、色が省かれることで輪郭がはっきりとし、直線的になるためカッコいい雰囲気になりやすいのです。

 

これは住宅の外壁でも同じで、白と黒のツートンにするとカッコよくなります。

 

(2)ベーシックなカッコよさを重視

白と黒のツートンは目を引きすぎる場合、グレーとホワイトでツートンにすると、ベーシックなカッコよさが出てきます。

 

個性的になりすぎることもなく、適度にカッコよさを楽しめます。

 

4: 外壁にワンポイントでお店風に

もし、あなたのお家に、少しだけ突き出したようになったお部屋があるのなら、そのお部屋の外壁だけ目立つ色にしてみましょう。

 

オレンジや濃いネイビーなどを取り入れると、雑貨屋さんやカフェのような雰囲気を作ることもできます。

 

ワンポイントでお店風になりますので、毎日の暮らしにちょっとした楽しみを取り入れることができます。

 

5: 外壁は素材も影響してきます

外壁の色を考えるとき、外壁に使われている素材にも注意しておきましょう。

 

外壁の素材には、次の3つがあります。

 

  • (1)モルタル
  • (2)サイディング
  • (3)タイル

 

それぞれ、塗装したときの色のノリ具合やツヤ感が違います。

また、素材によってメンテナンスのタイミングやクリーニングの費用が変化することもありますので、こういった部分も業者さんと確認してください。

 

いくらオシャレでカッコいい外壁にしたとしても、毎年驚くようなクリーニング費用やメンテナンス費用が必要なら、これは困った問題に発展します。

 

6: まとめ

外壁をオシャレでカッコよくする色選びのポイントをお話しました。

 

今回の内容を参考にしながら、業者さんと相談してもらいたいと思います。また、相談するときには、「カラーシュミレーション」が出来る業者さんを選ばれると、あなたの前で様々な色での状態をパソコンで見ることができますので、より具体的なイメージを頭の中で描くことができます。

 

ライジングでもカラーシュミレーションを取り入れ、お客様の目の前で「こんな感じになりますね」とお見せしながらご相談を進めています。

 

もし、お近くに相談できる外壁塗装や外壁リフォームのお店が見つからない場合は、ライジングまでお問い合わせください。

 

あなたのご要望や悩みを丁寧にお聞きし、最適なプランをご提案させていただきます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です