OPEN 8:30~19:00(CLOSE 毎日曜日)

火災保険で外壁塗装費用が無料になるって本当!?理由をわかりやすく解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

あなたの大切な住宅に、もしものことがあれば。こんな不安を少しでも軽減するために「火災保険」に加入されていることが多いはず。

 

今回お話する「火災保険」ですが、火災にしか使えないと思っていませんか?

 

そのため、火災保険に加入しているけれど、これまで一度も使ったことがないという人もいらっしゃいます。

 

しかし、皆さんがご存じないだけで火災保険は「火災以外」の被害に対しての復旧工事に利用することができるんです。

 

台風や雹などで、あなたの大切な住宅の外壁や屋根が破損した場合、修理に必要な費用の実費を火災保険によってカバーすることができるかもしれないのです。

 

1: 火災保険を理解しよう

はじめに火災保険について理解しておきましょう。

毎年保険料だけ支払って、実のところ保険の内容は知らなかったという人もいらっしゃいます。

 

(1)火災保険とは

火災保険という言葉から受ける印象で、火災による被害でないと保険が利用できないと思っている方も多いようです。

 

しかし、実際には

 

  • 火災
  • 爆発
  • 落雷
  • 風災(台風や竜巻)
  • 雪災

 

このような災害による被害を原状回復するためにも利用できます。

 

例えば、日本で毎年発生する被害に多いのが「台風」です。最近は大型の台風がやってくることもあり、雨樋や瓦が破損してしまった場合にも火災保険は利用できます。

 

(2)火災保険の補償対象

火災保険には補償対象があります。

大きくわけると次の2つの補償対象があります。

 

  • 建物のみ対象
  • 建物と家財が対象

 

建物とは

 

  • 住宅そのもの
  • 住宅の門
  • 住宅の塀やフェンス
  • 物置
  • ガレージ

 

などを指しています。

 

家財とは

 

  • 家具
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洋服
  • カーテン

 

このようなものも火災保険のプランによっては補償対象になります。

 

例えば、大型の台風によって屋根の一部が大きく破損したため、雨漏りによる被害から冷蔵庫が壊れたという場合、火災保険のプランが「建物のみ対象」であれば、屋根の修理費に火災保険を使えます。もし火災保険のプランが「建物+家財」であれば、屋根の修理費と冷蔵庫の修理費の両方に利用できます。

 

2: 火災保険で外壁塗装の費用が無料になるって本当?

火災保険の基本的な部分をお話しましたので、続いては気になる「火災保険で外壁塗装の費用が無料になるの?」という話です。

 

(1)ポイントは風災

外壁塗装の費用(定期的なメンテナンスや修繕も含めて)は無料になるのかどうかが分かれるポイントは、「風災」など自然災害であるかどうかがポイントになってきます。

 

火災保険には「住宅火災保険」「住宅総合保険」「オールリスクタイプ」と補償範囲が広い保険も存在しています。おそらくあなたが加入されている火災保険も、どれかと一致していると思います。

 

ただし、どの火災保険に加入していたとしても、火災保険が適用されるためには風災をはじめとする「自然災害」が原因であることが条件になってきます。

 

台風は元より、春一番の強風や突風。最近発生することが増えた竜巻。こういった自然災害によって、外壁に物がぶつかり破損した、屋根が破損した、雨樋が壊れた、カーポートに穴が開いた、フェンスが破損した、というような場合は火災保険が利用できます。

 

反対に火災保険は火災以外の被害でも利用できますが、自然災害ではなく「劣化」による破損の場合は利用できないということです。

 

(2)鑑定するのは誰?

火災保険の条件に適用しているか(補償してもらえるか)を決めるのは「損害保険鑑定人」と呼ばれる専門の人に調査してもらい、条件をクリアする必要があります。

 

住宅の所有者や、外壁塗装工事の業者が決められることではありません。

 

(3)認められない場合は?

外壁や屋根に破損があっても、調査の結果「認められない」場合は、火災保険の補償対象外となります。

 

3: 気をつけたい火災保険で外壁塗装費用が無料になるトラブル

最近、火災保険による補償を使って、どんな外壁塗装工事や屋根塗装工事の費用も「全部無料でできる」と表現している業者が出てきています。

 

この「全部無料」を信じて外壁塗装や屋根の塗装工事を契約した後、火災保険が使えないことがわかり「解約したい」と申し出ても、工事費用の半分を請求されたり、足場だけ組んで費用を前払いしないと、いつまでも工事を行わなかったりする悪徳業者が居るようです。

 

(1)支給条件を確認しよう

このようなトラブルに合わないためには、外壁塗装や屋根塗装で火災保険を利用する場合は、支給条件をしっかりと確認しておきましょう。

 

  • 自然災害による被害であること
  • 被害を受けてから3年以内であること
  • 修理費用が一般的には20万円を超えること

 

細かな条件は他にもありますが、この3つを確認することからはじめましょう。

 

(2)こんな悪用事例があります

[1]火災保険で無料です!

最初からこのセリフを言ってくる業者には注意しましょう。確かに火災保険を利用して、工事費用の負担がなくなることもありますが、保険の内容や修繕する原因がわかっていない状態で「無料です」ということは絶対に言えません。

 

[2]手数料は必要です!

「火災保険で修繕できます」という言葉を信じて、外壁塗装や屋根塗装の申し込み(契約書ではありません)をし、実際には火災保険が使えないとわかったので「キャンセル」を伝えると

 

  • 手数料は払ってください
  • 違約金が必要です

 

というように、不当な請求をしてくるところもあります。

ややこしい業者とは関わらないのが一番ですが、万が一関わってしまった場合は弁護士さんへ相談しましょう。

 

(3)プロが伝えるアドバイス

次のポイントを知っておいていただくと、おかしな悪徳業者と関わらずに済むはずです。

 

[1]火災保険を使えば無料でできます

この言葉を聞いても、すぐに契約してはいけません。もし契約する場合でも、手数料やキャンセル料が必要ないことを書面で確認しましょう。

 

[2]保険が使えるかを相談する

火災保険が使えるかどうか分からない場合は、保険会社へ相談するのが一番です。

 

4: 外壁塗装の修繕で火災保険の使用を考えるなら地元業者がおすすめ

地元業者は、地域での評判が重要です。

そのため、悪徳業者のように「その時だけ」の仕事や営業をすることはありません。

 

また、地域特性でもある気候に関する知識もありますので、どのような災害が起こりやすいのかを知っていますし、災害が起こったときに、どの箇所が破損しやすいのかも知っています。

 

そのため、火災保険の適用条件に入っているのか相談することもできますし、これまでの経験から火災保険が使えるかどうかも、ある程度は判断できます。

 

さらに、ライジングなら代表が元銀行員ですから、保険申請の代行や適用条件のややこしい判断も得意です。

 

5: まとめ

「火災保険で外壁塗装や屋根塗装が無料になる」というのは間違いではありません。

ただし無料になるには、火災保険で決められている条件をクリアしている必要があります。

 

火災保険を利用した悪徳業者も増えています。あなたが被害に遭わないためにも、信頼できる地元の外壁塗装業者に相談してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です