OPEN 8:30~19:00(CLOSE 毎日曜日)

失敗しない外壁塗装

CONTENT to YOU

失敗しない外壁塗装

インターネットで検索すると、「外壁塗装工事に失敗した」という話を見ることがあります。大変残念なことですが、どの業界にも悪徳業者が存在しますし、会社によって技術や知識・経験がバラバラなので、同じように見えている外壁塗装業者でも出来映えが全く違うということが起こります。

こういった結果の相談を私たちも受けることがありますが、今回お話する内容を参考にしていただけると、かなり失敗する確率を低くすることができると思います。

REASON

外壁塗装が必要な理由

はじめに外壁塗装が必要な理由を知っておきましょう。お隣が外壁塗装をしたので自分もやろう。兄弟姉妹の家が塗装したので自分もやろう。こういったことは、外壁塗装を行う上で正しい理由とは言えません。


住宅の健康には塗装が大事

外壁塗装を住宅に行う理由として、最も大切なことは「住宅を長持ちさせる」ということです。

住宅がいつまでも快適で暮らしやすい空間であるためには、如何にして防水や断熱など、自然から受ける厳しい状況に対処できるのかが重要。

雨、風、紫外線。どれも住宅には厳しいことばかりですので、新築から10年、15年経過すると、さすがに住宅の表面が劣化しはじめます。

住宅の表面部分の劣化が進むと、後でお話しますが「ひび割れ」が起こりやすくなり、そこから雨水が浸入し住宅の構造へ良くない影響を与えることになるのです。

いくら家の中を掃除しても、いくらお庭を美しく整えても、住宅の骨が傷むと快適な住まいにはなりません。こういったトラブルを引き起こさないためにも、外壁塗装は大変大事なメンテナンスなのです。

外壁塗装は気持ちも変える

外壁塗装は住宅の健康状態を維持する以外にも理由があります。その理由とは、新築を購入されてから15年、20年経過された方はライフスタイルも変化しているため、今のライフスタイルに合わせた住宅の色が必要になってくるものです。

住宅は外から見た印象で住んでいる人の雰囲気を想像させます。私たちは、お客様の「いま」を表現しご予算に合った最適なご提案をさせて頂きます。

そして『長持ちをさせる』ことは大前提であり『カッコよくする』ことにも私達はこだわっております。

WHEN

外壁塗装を検討するタイミングとは

外壁塗装を検討するタイミングがあります。一般的に15年~20年くらいが目安と言われていますが、次のようなことが起こっているのなら、年数に関係なく外壁塗装を検討してもらいたいと思います。


雨漏り

強い雨が降ると、天井や壁にシミができる。台風が来ると、雨水が入ってきて柱を水が伝う。

こういった場合、目で見た印象よりもダメージが広がっている可能性もあります。できるだけ早く、外壁塗装を検討してください。外壁塗装をするかどうか迷っているのなら、塗装を決断する前に、まずは「住宅の診断」を専門家に依頼されるのが先決です。

ひび割れ

壁に細いひび割れがある。細かなひび割れがあちこちにある。多くの場合、劣化によるトラブルです。

今のように小さなひび割れなら、まだ雨水も浸入していないでしょうから、ひび割れが広がる前に外壁塗装を行いましょう。

カビや藻

劣化や汚れによって、壁の表面にカビや藻が発生することもあります。
多くは外壁に「トタン」を使っているところに多いです。

すぐに雨漏りや割れは起こらないかもしれませんが、この状態は「見た目に良くない」ので、早いタイミングで外壁塗装を検討しましょう。

白い粉

壁に白い粉が噴いている。手で触ると粉が手や指先に付く。

これは「チョーキング」と呼ばれる現象です。外壁の劣化によって起こっています。

外壁の一番外側の層が激しく劣化しているため、放っておくと雨水が浸透してしまう可能性もあります。

チョーキングは「そろそろ外壁塗装の時期」という合図です。

シーリングの劣化

壁の凹み部分の目地にひび割れや隙間ができることがあります。
これはシーリング材の劣化によって起こるトラブルです。

今すぐではないかもしれませんが、問題が大きくなる前に対処しておきたいところです。

浮きや膨らみや反り

壁が浮いている、膨らんでいる、反っている。こういう場合、かなり危険です。

壁材がこのようになるのは、水が侵入している可能性が高いのです。放っておくと、反りや膨らみが大きくなることもあります。

また壁材の変化によって、ひび割れなども起こりやすくなり、住宅の構造部分への雨漏りが激しくなるかもしれません。

外壁の塗装だけではなく住宅の修繕まで検討しておきましょう。

CHOOSE

外壁塗装で重要なのは業者選び

外壁塗装を検討するタイミングの次は、
どのような業者を選べばいいのかです。


事務所があるのか

外壁塗装のトラブルで、工事の契約が終わると連絡が取れなくなったという話もあります。

また、最近は外壁塗装のフランチャイズ店も増えてきており、受付するだけで代表や職人の居る事務所が確かめられない業者も存在しているということです。

最低でも外壁塗装を依頼する業者は、事務所を構えているところにしたいですね。

実際に事務所へ訪問することで、業者の考え方や性格も見えてきます。

地元密着なのか

ライジングの外壁塗装や屋根塗装は地域密着・自社施工なのでいつでもご来店・ご相談が可能です。

また、長くお付き合いをしていく上で、お客様が気軽に立寄れる事務所を目指しています。定期的なメンテナンス、劣化による修繕の相談もすぐに対応しています。

ご相談の際もお子様と一緒に立ち寄ってください。

お子様お絵かきコーナー

見積書は細かく書かれているか

「外壁塗装 一式 ○○万円」

こんな見積もりが提出される業者を選んではいけません。細かく工事内容が記載されていないため、工事が終わってから「追加費用」「別料金」を請求されてしまうこともあります。

細かく工事の内容が記載され、それぞれの工事がいくらなのかわかる見積もりが信頼できます。

保証はあるのか

保証内容は業者によって様々です。しかし、保証があるのか無いのかは大切なポイントです。

保証には、保証内容、保証条件、保証期間の3つは必ずありますので、あなたが納得できる保証内容なのか確認しておきましょう。

資格はあるのか

外壁塗装は資格がなくても仕事ができます。ただし資格を持っている職人の方が信頼度も高いです。

資格を通して身につけた技術力や知識があるからこそ、根本的な施工を理解し丁寧な仕事ができるのです。その結果、住宅の寿命が長くなり、10年後、15年後に差が出てきます。

COLOR

外壁塗装で失敗しやすいのは
塗料と色選び


塗料には種類がある

塗料には種類があります。昔からあるウレタン塗料から、最近では無機塗料と呼ばれるものまで。

外壁塗装で失敗される方で多いのが、塗料を選ぶとき

  • 高いから良さそうなので選んだ
  • 最新技術なので選んだ
  • 安いからOKした

というように、本来なら外壁塗装を行う壁の状態や立地に合わせないといけないのに、全く別の視点で選んでしまうことです。

正直に申し上げますと、塗装の専門家でないと塗料の種類や違いはわからないと思います。そのため、信頼できるアドバイスをしてくれる業者と、あなたの思い、予算から選んでもらいたいのです。

色選びはシュミレーションが便利

外壁塗装で悩んだあげく失敗しやすいのが色選びです。

しかし、ライジングならこんな失敗をすることはありません。打ち合わせのときにお持ちするパソコンを使って、あなたが見ている目の前で外壁のカラーシュミレーションを行うことができます。

カラーシュミレーションによって完成予想図がわかりますので、イメージとかけ離れた住宅になってしまうことを防げます。

また、簡単に色を変更して見ることができますので、「ちょっとこの色」「気になるのはこの色」というように、とにかく試してみることで納得のいくカラーを選んでいただけるはずです。

景観にも配慮しよう

これも失敗の理由で登場する内容です。いくらあなたが大好きな色だったとしても、ご近所やお住まい周辺の景観に合わない色を選ぶのは考えものです。

最近では「条例」がある地域もございます。確認しながら、これからも長く暮らす場所ですから景観にも配慮するようにしてください。

POINT

さらに、こんなポイントもあります!


値引きで煽らない

「ネットからご成約で○○万円お値引き!」

よく見るキャッチフレーズです。でも、本当にお客様のことを思っているのなら、最初から「お値引き」した価格で提案すれば良いのです。

それがフェアだと私は考えています。必要のない駆け引きをお客様とする必要はありません。

「いつでも適正価格」

これが選ぶべき業者のポイントのひとつです。

細かく説明してくれる

「大丈夫です!全部やります」

何を相談しても、こういう返事をする業者は危険です。はじめからあなたに細かくわかりやすく説明する気持ちがありません。

その場だけ「はい、わかりました」と答えておいて、工事が終わったときに「言ってませんよ、追加料金です」というかもしれません。

細かく丁寧に、わかりやすく説明してくれる業者を選びましょう。

工事担当者が変わらない

結構不安に思っている方も多いと思います。

現地調査へやって来た人。
打ち合わせにやって来た人。
見積もりを持ってきた人。
最初に工事に来た人。
最後に来た人。

全部、別々の人がやってくるのでは不安になりますよね。そもそも、自分たちが話したことや、お願いしたことが通じているのかどうかも不安だと思います。

できるなら工事担当者は最初から最後まで変わらない。そんな業者を選びましょう。

そのほうが工事前から工事中、工事完了までのストレスも減少します。

完全自社施工

できるだけ完全自社施工の業者がおすすめです。

というのも、完全自社施工の場合、下請けに仕事を出していませんので、中間マージンが発生していません。

例えば、あなたが外壁塗装の費用に70万円払ったとすると、完全自社施工の業者は最低でも70万円の仕事をします。

しかし、完全自社施工ではなく下請けに出しているところなら、中間マージンで20万円抜いているとすると、実際に施工する下請け業者は50万円しかもらっていませんので、50万円の仕事をするでしょう。

下請け業者としては仕方のないことですが、70万円払うあなたからすると納得出来ないと思います。

契約後も連絡が付きやすい

契約を交わした瞬間、連絡が付きづらくなる。連絡してもレスポンスが悪い。

大変残念な業者です。こういった対応しかできない業者とは、今後も長くつきあうことはできません。仮に無理して我慢してつきあったとしても、あなたが疲れるだけで楽しくありません。

契約までの対応や行動、社会人としてのマナーなどを観察して、長くつきあえそうか確認しておきましょう。

気になる外壁や屋根の劣化、雨漏りや水まわりのトラブルでお困りなら、どんな小さなことでもかまいません。お気軽にご相談ください。
ご相談やお見積りは無料です。ライジングはあなたのライフスタイルに合わせた最適なご提案で、お悩みを解決させて頂きます。

暮らしを整えなおす


【受付時間】
8:30~19:00(定休日:毎日曜日)


メールでのお問い合わせは、
24時間365日いつでも受け付けております。