OPEN 8:30~19:00(CLOSE 毎日曜日)

外壁塗装の目的と必要な理由をお話します

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

お家の外回りが気になっているので「外壁塗装」を検討されていることだと思います。

 

しかし、外壁塗装を検討されている方の中には、

 

  • 本当に外壁塗装って必要なの?
  • 本当はまだまだ塗装しなくてもいいんじゃないの?
  • 業者が煽っているだけなんじゃ・・・

 

このように感じたり考えたりされている人もいらっしゃいます。

 

確かに、必要のない状態でも無理に売り込んでくる業者さんもいらっしゃいますが、それよりも私があなたへお伝えしたいことは、外壁塗装の目的と必要な理由をきちんと理解いただき、今の住宅に必要なのかどうかをご自身で正しく判断する力を持てるようになっていただきたいのです。

 

そこで今回は、外壁塗装や屋根塗装、防水工事を得意とするライジングが、外壁塗装の目的や工事が必要な理由をお話していきたいと思います。

 

1: どうして外壁塗装は必要なのか

誰でも頭の中でこう思っている部分はあると思います。

 

どうして外壁塗装は必要なの?

 

必要ないのなら、お金を使ってやりたくないですよね。でも、次のような理由から必要性があるのです。

 

(1)外壁塗装はなぜ必要なのか

外壁塗装が住宅に必要な理由で最もわかりやすいのは「見た目を美しくする」ことです。

 

新築の時は、あんなに美しかったのに10年、20年と経過することで、色あせてきてしまい、会社や買い物から帰ってきたときふと見ると、ご近所の住宅よりも「古くなったな」と感じてしまう。そんな瞬間があると思います。

 

こうした悩みを解決するためにも、外壁塗装は必要になってきます。

 

でも、見た目の美しさだけが必要な理由ではありません。実はもっと大切な理由があります。

 

それは、住宅を「保護」するという理由なんです。

 

住宅の外壁は、次のような自然の力にさらされています。

 

  • ほこり
  • 太陽光線
  • 紫外線
  • 気温

 

24時間365日、常にこういった自然の力にさらされていますし、台風がやってくると暴風雨の中で耐えています。

 

そして、外壁は

 

  • 汚れ
  • 風化
  • 劣化

 

というような損傷を少しずつ受け、外壁が持つ機能や性能が徐々に低下していきます。

 

こういった理由から、外壁塗装は今すぐではなくても、すべての住宅へ必要になることは間違いありません。

 

(2)外壁塗装をする目的とは

外壁塗装の必要性をご理解いただけたでしょうか?

 

さらに、外壁塗装をする目的についてもお話したいと思います。

 

外壁塗装をする目的ですが、「美観を保つ」というわかりやすい目的もありますが、必要性でお話したように最も大事なのは「住宅という資産の価値を維持すること」だと言えるでしょう。

 

外壁塗装をすることで、住宅の健康状態を維持し、いつまでも快適な暮らしを続けられるようになるということは、あなたが持つ大きな資産を良い状態で持ち続けられるということです。

 

仮に、あなたがお住まいの住宅を将来、賃貸物件として投資する場合でも、外壁塗装によって住宅の状態が良好であれば資産価値も上がります。

 

また、これは地味な目的になりますが、住宅の状態が良好であると住んでいる家族の健康状態も良好になりやすいということです。

 

例えば、住宅の見えない部分にカビが生えてしまい、そのカビが原因でアレルギーを起こす可能性も低くなるでしょう。

 

2: 外壁のメンテナンスを行わないデメリット

外壁のメンテナンスである「外壁塗装」を行わないままにしておくと、次のようなデメリットが起こりやすくなります。

 

(1)雨漏り

一番多いデメリットは、外壁が持っていた「防水性能」が低下することで、住宅の内部へ雨漏りが発生することでしょう。

 

住宅の雨漏りは「屋根」からだけではなく、外壁に発生した次のような部分からも起こります。

 

  • 外壁のひび割れ
  • コーキングの劣化
  • ベランダとの境目の防水性能低下

 

ちょっとした隙間から、雨水が浸入し室内の天井や壁や押入の中に染み込んでくることがあります。

 

(2)住宅の劣化

雨漏りから住宅そのものへの劣化が進んでしまうことがあります。

 

例えば、外壁の割れ目から雨水が浸入し、住宅の構造部分の柱を伝って雨水が床下にたまってしまうこともあります。

 

また、構造部分へ少しずつダメージを与えてしまい、鉄筋であればサビが発生する可能性も出てきます。

 

さらに外壁の劣化を放っておくと、割れ目が大きくなったり、塗装そのものが剥がれてきたりするため、これまで以上に雨水の浸入が増えてしまうという悪循環を招くおそれもあります。

 

このようになると、住宅そのものの劣化が進んでしまい、次のようなデメリットにつながります。

 

(3)大規模な工事

劣化が進行すると次のようなことが起こります。

 

  • 木材が腐ってしまうことがあります。このようになると耐震性が低下し、地震によって倒壊する危険が出てきます。
  • 金属がサビてしまうことがあります。鉄筋コンクリートを使った住宅の場合、内部にサビが出ると住宅の強度が低下します。これは大変危険な状態です。
  • 漏電が発生する可能性も出てきます。漏電は事故の原因になりますので大変危険です。
  • 健康被害が出る可能性もあります。カビによるアレルギー反応が代表的です。
  • シロアリなどの被害も出てきます。雨漏りによる湿気が増えると、シロアリだけではなくダニなどの発生を助けることになります。

 

もし、このような事象がおこると外壁塗装や外壁の修繕工事だけでは対処できなくなります。

 

大規模な住宅工事が必要になりますので、費用も外壁塗装とは比べものにならない金額になってきます。

 

3: あなたの家の外壁はこんな風になっていませんか?

もし、次のような外壁になっていれば、できるだけ早く外壁塗装を検討いただきたいと思います。

 

(1)こんな症状はありませんか?

次のような症状が外壁に出ていないか確認してください。

 

  • 外壁が変色している
  • 外壁のツヤがなくなっている
  • 外壁を指でやさしく触るとチョークのような粉が付着する
  • カビが生えている
  • ひび割れがある
  • サビが出ているところがある
  • 外壁にポコンと膨らみがある

 

変色やツヤの変化、カビの発生なら早急に対処しなくても問題ないことが多いので、検討する時間があります。

 

チョークのような粉が付着する、ひび割れがある、サビが出ている、膨らみがある。こうした症状が出ているのなら、塗り替えのタイミングがやってきています。

 

できるだけ早く、外壁塗装について検討され行動を起こしていただきたいと思います。今のまま放っておいても、住宅にとって良いことは何もありません。

 

徐々に劣化が進行し、具合の悪いところが増えていくだけです。

 

(2)年数は経過していませんか?

上記の症状が出ていない場合、築年数からも判断しておきましょう。

 

住宅の建っている気候条件や立地条件にもよりますが、おおむね10年が外壁塗装をする目安と考えられています。

 

新築から10年、前回の外壁塗装から10年を経過しているのなら、住宅の健康状態を確かめるためにも、外壁塗装の専門業者へ診断を依頼してみましょう。

 

4: まとめ

外壁塗装は快適な暮らし、安定した資産維持を考えると定期的に行っておく必要があります。

 

「雨漏りが起こってから考える」という方もいらっしゃるかもしれませんが、そうなってからでは被害状況が大きくなり、工事の範囲も規模も大きく費用も増えてしまう可能性が出てきます。

 

できれば定期的なメンテナンスを行うことで、被害も出費も最小限に抑えながら、いつまでも快適な暮らし、お子さんへ引き継げる資産として住宅を守っていただきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です